イラスト

機械で武装した少女 リコア 透過素材 表情差分

利用規約のご確認をお願いいたします

当サイトで配布しているコンテンツをご利用される場合利用規約への同意が必要となります。

当サイトの素材を商用利用される場合はクレジット表記が必要となり、ニコニコ関連コンテンツで当サイトの素材を使用される場合は「作品IDnc231804」の親作品登録が必要になりますのでご協力をお願いいたします。

利用規約のご確認がまだの場合は、「利用規約 ガイドライン」のページよりご確認をお願いいたします。

キャラクター設定

シリーズ RAGE GEARS
名前リコア
年齢19
所属Future Artifact
身長168cm
体重61kg
特徴
スキャットの情報分析

基本情報
「Future Artifact(フューチャー・アーティファクト)」の戦闘員。
複数の光器で武装して戦い、特に空中戦を得意としている。

出身地や家族構成は不明。
特別戦いに向いている人種であったり、特殊な力を持っている人物ではないが、アーティファクトで戦う戦士になるため故郷で独自の訓練を積んでいたらしい。
その訓練のおかげか、アーティファクトを扱う適性は非常に良好。
アーティファクトの取得を望む者には曲者が多いが、彼女には安心してアーティファクトを渡すことができた。

「クールビューティ」を感じさせる容姿だが、その性格は以外にも猪突猛進。
仲間の意見を押し切って実力行使で行動することも多い。
最も、彼女が戦場に出れば高い確率で結果を出してくれるのだからそれでよいのだが。

戦闘能力について
先述の通り、複数のアーティファクトを使用して戦う。
現在は空中戦に特化した武装で出撃してもらうことが多い。

主にドローンや「ドラゴン・フライ」といった空から奇襲を仕掛けてくる相手を倒すのが彼女の役目となることが多い。
大ぶりな攻撃は素早く躱し、避けきれない攻撃は盾で受け、敵のわずかな隙に槍による攻撃を叩き込むという基本に忠実な動きで戦うことが多い。

通常の突きでは倒せないほどの装甲を持つ相手は、一度距離を取ってから加速を付けて突撃することで大抵の敵の装甲を貫くことができる。

宿敵は同じく空での戦いを専門とする、竜のような姿をした機械軍の幹部格「エア・パニッシャー」
エア・パニッシャーは機械軍の陣営を守護するような行動範囲なので交戦の機械は少ないが、奴の装甲や巨体故の広い攻撃範囲は彼女ほどの実力者でも苦戦を強いられているようだ。

いずれ機械軍を攻め落とす時にはエア・パニッシャーの攻略は避けられない、彼女や他の戦闘員、そして俺自身もさらなる努力が必要だな。

武器について
現在は3種のアーティファクトを使用。
1つずつ解説しよう。

槍型の光器「UNICORN」
ブースターによる加速装置が付いた大型の槍だ。
刺突攻撃の際に加速することで攻撃力を増すことができる。
また、遠距離からの突撃攻撃の際は槍先を突き出しながら飛行することで圧倒的な加速力を得ることができる。
刃部分以外は意外と軽く、大群の敵相手には振り回して棍のようにして使ってもいいだろう。
地上戦でも使えなくはない武器だが、それは手綱の無い馬の乗りこなすが如く難しい。


盾型の光器「SHELL」
一点ものが多いアーティファクトとだが、これはFAの戦闘員だけでなく他の組織の一部の戦士たちにも流通している。
見た目のわりに軽量で物理的な攻撃だけでなく、光子による攻撃にも高い耐性を持つ。
軽量な点や被弾が多くなりがちな空中戦ではSHELLの利点をフルに活かすことができるだろう。

「高い防御力を持っている」ということ以外は説明することがないが、リコアの場合は後述の「PEGASUS」の推進力を活かして強力な打撃を叩き込むための「武器」として使うこともある。


翼型の光器「PEGASUS」
左右翼が対になっている空を飛ぶための光器。
リコアが使用しているもののほかに何機か作られているはずだ。

装備者の脳波で操作することができ、羽ばたいて空を飛ぶのではなく、エネルギーの放出量を調整して「空中移動」「空中静止(ホバリング)」を可能にする。
光子の消費量が非常に多いため、連続しての稼働は最大でも30分ほどが限度。
5分も待てばエネルギーが最大まで回復する。
時間内に決着をつけるのが難しければ戦線から撤退することや一時的に地上戦を行うことを考えておかなければならない。

また、出力は自由に調整することができる。
当たり前だが、出力に比例してエネルギーの消耗も速くなる。
理論上は音速で移動することもできる。まあ、使用者がその速さに耐えることができるかは分からないが…。





ランダム素材

下のボタンを押すとランダムな素材ページに飛びます。
素材探しや暇つぶしにどうぞ!

★★★


七三ゆきのアトリエ
タイトルとURLをコピーしました