イラスト

三白眼の男性キャラ スキャット 透過素材 表情差分

利用規約のご確認をお願いいたします

当サイトで配布しているコンテンツをご利用される場合利用規約への同意が必要となります。

当サイトの素材を商用利用される場合はクレジット表記が必要となり、ニコニコ関連コンテンツで当サイトの素材を使用される場合は「作品IDnc231804」の親作品登録が必要になりますのでご協力をお願いいたします。

利用規約のご確認がまだの場合は、「利用規約 ガイドライン」のページよりご確認をお願いいたします。

キャラクター設定

シリーズ RAGE GEARS
名前スキャット
年齢26
所属Future Artifact
身長164cm
体重52kg
特徴Future Artifact リーダー
スキャットの情報分析

基本情報
……………自分に関する情報を分析するというのも面白いかもな。

俺の名はスキャット。
機械軍と戦うための三大組織「Light Sequence」「Titan Heart」に並ぶ「Future Artifact(フューチャーアーティファクト)」のリーダーということになっているらしい。

父、母、祖父、祖母、親族は皆、機械工業に携わってきた。
兄と姉が一人ずついる、3人兄弟の末っ子だ。
兄姉は戦地から離れた遠方で機械軍の侵攻が進んだ時のことを考え、シェルターや地下での生活を目的とした居住空間の開発に関する研究を行っている。
祖父母はすでに老衰により他界しているが父母は健在だ。
父母にはFAの一員として開発者の業務に着いてもらっている。
かく言う俺は「アーティファクト」の設計を行っている。アーティファクトについては後に詳しく記載しておく。

言い訳じゃないが、俺は未熟児として生まれてきたということもあり、お世辞にも体は丈夫とは言えず体力も持ち合わせていない。
組織のトップでありながら、戦闘は完全にそれぞれのメンバーに任せるという方式を取らせてもらっている。
戦術や作戦などを共有することはあるが、メンバーに合った光器を設計するというのが俺の主な役目だ。
ちなみに、武器の製造を行うのは俺の父母だ。

戦闘能力について
先述の通り、俺に戦闘能力は「ない」といっても過言ではない。
とはいえ、俺は戦場に出ることが多い…というか、基本的には戦場に出ている。
戦いの為ではなく機械軍の動向を探ったり、新たな光器を作り出すためのヒントを得るためにだ。

機兵を倒すための技術は無いが、機兵を倒すための知識は持ち合わせているつもりだ。
戦場で身の危険が迫った際には、道具の力に頼って危機を脱するようにしている。
機械軍の連中は基本的に逃げる人間相手をしつこく追撃するようなことはしてこないので逃げるのはそれほど難しくはない。

戦場では他軍の戦士たちと顔を合わせたり同行することになるということも珍しくはない。
人類の勝利の為なら「TH」「LS」の面々に助言、協力することもある。

アーティファクトについて
「アーティファクト」とは簡単に言えば「光子」によるエネルギーをふんだんに使った光器のことだ。
基本的な光器よりも扱いが難しく、下手をすれば攻撃で味方を巻き込んだりアーティファクトそのものが暴走することもある「扱いが難しいが強力な武器」というと分かりやすいか。

光子エネルギーを無限に生成する「炉」という機関を搭載するため生産コストが重く、基本的には重量やエネルギーの出力などは使用者に合った調整にする必要があるため量産は不可能。
完成品であっても、使用者の腕力や技術の成長に合わせてメンテナンスを行う必要がある繊細な武装である。

なお、アーティファクトを最初に開発したのは現在もアーティファクトの製造に携わっている俺の父である。


ちなみに「光器」とは光子エネルギーを使用して強化された武器や戦闘用の機器の総称だ。

組織「Future Artifact」について
「Future Artifact(フューチャーアーティファクト)」はアーティファクトの開発とアーティファクトを使用して戦う者が集まった………「武装勢力」とでもいうのか?

アーティファクトの製造や戦いの目的はこの戦争を終わらせるための「機械軍の制圧」であり、それ以外の目的は今のところは無い。

メンバーは単に「自分の手で機械軍を倒したい」と志す者達の集まりだが、扱い方を間違えれば人類に仇を成す可能性のあるアーティファクトを使用するため、基本的な光器を扱えるだけの技量と、強大な力を持つに値する精神を持っている必要があるので「TH」のような、戦う意志さえあれば誰でも加入できる組織では無い。

戦場でアーティファクトを紛失して、武力強化に貪欲なLS軍や最大の敵となる機械軍の手に渡るようなことがあれば、この戦争をさらにエスカレートさせる危険がある。
隊員たちには勝ち目の薄い戦いには早々に退散しろと言ってあり、幸い今のところはアーティファクトの技術が他軍に渡ってしまったという例はない。

アーティファクト製造の技術の流出や敵軍からの奇襲を回避するため拠点の場所は明かしていない。
とはいえ、隊員たちはそれぞれ戦地付近の任意の場所に住居を置いており、拠点には工場と事務所のような施設しかない。





ランダム素材

下のボタンを押すとランダムな素材ページに飛びます。
素材探しや暇つぶしにどうぞ!

★★★


七三ゆきのアトリエ
タイトルとURLをコピーしました