【ラッキーの道具屋】シリーズ第2弾の制作に向けて「ファンタジーなアイテム」に関するリクエストを受け付けています
イラストオブジェクト

【ラッキーの道具屋】折れた剣先

利用規約のご確認をお願いいたします

当サイトで配布しているコンテンツをご利用される場合利用規約への同意が必要となります。
利用規約のご確認がまだの場合は、「利用規約 ガイドライン」のページよりご確認をお願いいたします。

当サイトのコンテンツをニコニ・コモンズ対応サイト(ニコニコ動画など)で使用される場合は「作品IDnc231804」の親作品登録のご協力をお願いいたします。

  • 「ラッキーの道具屋」シリーズの素材は全て背景が透過されており、画像の「高さ」「幅」が統一されており正方形のサイズになっていますので、「まとめてサイズ変更する」「統一の装飾を付けてアイコン化する」と言ったゲーム制作の際に必要になる加工がしやすくなっています。

  • 当シリーズの素材は様々な表現に対応できるように複数のカラーバリエーションを準備していますが、その中にご希望の配色が見つからなかった場合は、画像編集ソフト等で「色調変更」などの機能を利用してお好みの色に変更してご使用ください。

  • それぞれのアイテム素材には「アイテム名」「設定(フレーバーテキスト)」が付けられていますが、ご自身の作品で該当の素材を使用される際に「アイテム名」「設定」を変更して使用することができます。
    ※デフォルトのアイテム名、設定のまま使用して頂いても問題ありません。
    ※記載している名称や情報、地名などはフィクションであり、実在の人物や団体などとは一切関係ありません

  • 画像の保存は他のページに掲載している素材と同じように右クリックやドラッグ&ドロップで保存することができます。


  • 上のバナーをクリックすることでシリーズ素材の一覧ページに移動することができます。


錆びた剣先

完全に錆びてしまっている剣先と思わしき鉄くず。

戦場の跡地で拾えたり、武器を扱う魔物が落としていくことがある。

そのままでは使いようがないが、溶かして金属に戻せば再利用の余地はあるかもしれない。


折れた剣先

折れてしまった剣先。
完全に折れてしまっており、破損が目立ついため、これを修理するのはそうだ。

辛うじて刃が残っている部分があるので、簡易的なナイフとしては使えなくはない。


熱持つ剣先

火山内や魔物の体内から見つかったという熱を帯びた剣先。

かなり長い時間熱せられていたためか、熱せられた鉄のように常時赤くなっている。

炎の力が宿っているらしく、炎属性の武器を作る錬金に使われることがあるらしい。


黄金の剣先

古代のダンジョンで見つかった金色の剣先。

破損してはいるが、その材質は間違いなく「金」であり、高い値段で取引される。

そのまま持っていてもほぼ使い道は無いため、換金してしまうのがいいだろう。


血濡れの剣先

血で塗れている剣先。
それが何の血なのかは分からないが、何やら恐ろしい雰囲気を感じる。

これを武器の錬成に使用すると呪いの力を持った武器が出来上がるのだという。


魔鉄の剣先

上級の魔物が使っていた剣や槍が折れたもの。
人間界にはない金属でできており、かなり丈夫。

それなりの数を集めて錬成し、それで武器を作れば一級品の物ができる。


聖なる剣先

太古に祀られていたという宝剣の一部とされるアイテム。

折れているにも関わらず神々しい雰囲気を感じさせる。
武器の錬成の際にこれを混ぜ入れると、その武器には光の力が宿るのだという。

めちゃレアなアイテムなはずやねんけど「黄金の剣先」と間違えてすぐに売ってしまう冒険者も少なくないんや。


オリハルコンの剣先

伝説の金属で作られた剣の一部。
例え、最高の金属出来ていても、ここまで破損していると武器としては使えない。
錬成しなおして武具に加工されることだろう。

オリハルコンは伝説ともされる最高格の金属だが、それで出来た剣をここまで破損させたのが何者なのかが気になるところ。




ランダム素材

下のボタンを押すとランダムな素材ページに飛びます。
素材探しや暇つぶしにどうぞ!

★★★


七三ゆきのアトリエ
タイトルとURLをコピーしました