【ラッキーの道具屋】シリーズ第2弾の制作に向けて「ファンタジーなアイテム」に関するリクエストを受け付けています
イラストオブジェクト

【ラッキーの道具屋】尻尾 しっぽ

利用規約のご確認をお願いいたします

当サイトで配布しているコンテンツをご利用される場合利用規約への同意が必要となります。
利用規約のご確認がまだの場合は、「利用規約 ガイドライン」のページよりご確認をお願いいたします。

当サイトのコンテンツをニコニ・コモンズ対応サイト(ニコニコ動画など)で使用される場合は「作品IDnc231804」の親作品登録のご協力をお願いいたします。

  • 「ラッキーの道具屋」シリーズの素材は全て背景が透過されており、画像の「高さ」「幅」が統一されており正方形のサイズになっていますので、「まとめてサイズ変更する」「統一の装飾を付けてアイコン化する」と言ったゲーム制作の際に必要になる加工がしやすくなっています。

  • 当シリーズの素材は様々な表現に対応できるように複数のカラーバリエーションを準備していますが、その中にご希望の配色が見つからなかった場合は、画像編集ソフト等で「色調変更」などの機能を利用してお好みの色に変更してご使用ください。

  • それぞれのアイテム素材には「アイテム名」「設定(フレーバーテキスト)」が付けられていますが、ご自身の作品で該当の素材を使用される際に「アイテム名」「設定」を変更して使用することができます。
    ※デフォルトのアイテム名、設定のまま使用して頂いても問題ありません。
    ※記載している名称や情報、地名などはフィクションであり、実在の人物や団体などとは一切関係ありません

  • 画像の保存は他のページに掲載している素材と同じように右クリックやドラッグ&ドロップで保存することができます。


  • 上のバナーをクリックすることでシリーズ素材の一覧ページに移動することができます。


蜥蜴の尻尾

蜥蜴型の魔物の切れた尻尾。
切り取って入手するほかに、魔物自らが自切して落としていくこともある。

皮を防具に加工するのが主な用途。

鮮度の良いものなら焼いて食べても美味しい。


地竜の尾

飛行しない竜の尾。
移動の際に引きずっていたのが、非常に皮と鱗が分厚くなっている。

解体すれば多数の鱗や皮を入手できる。

鱗と皮を剥いだ後の肉は料理に使われることも多い。
肉は常軌を逸した固さだが味はなかなか。


水竜の尾

水棲の竜の尾。
水中や水辺には竜が多いということもあり、入手は比較的容易。

非常に美しく、海の町では剥製にして飾られていることも多い。

美味で栄養豊富な魚類をたくさん食べて育ったということもあり、こちらも栄養豊富で非常に美味。
魚に近い味でクセもないため、食べやすい。


毒竜の尾

毒を扱う竜の尾。
尾にも毒があり、目視できないほどの小さい毛がびっしりと生えている。

素手でこの毛触れると漏れなく手が何倍の大きさにも腫れて激痛に苦しませられることになる。

加工は毛を焼いて落としてから、毒腺を抜いてから行う。
食べたらアカン。


森竜の尾

森に潜む竜の尾。

色鮮やかであること以外はこれと言って特徴がなく「蜥蜴の尻尾」の上位ともいえる丈夫さを持つ程度。

自然の中の豊富な生き物を食べて育ってきたためか、肉の味は一流。


火竜の尾

炎を扱う竜の尾。

尾の先まで真っ赤で切り離した後も熱を帯びている。
非常に分厚い皮膚の上に強固な鱗が張り付いており、剥ぎ取れば防具の素材として一級品。

味はまずまず、非常に火が通りにくいので調理に時間がかかる。
火竜は高体温ゆえ、寄生虫の心配がないので生食もいけなくはない。


白竜の尾

「聖竜」とも呼ばれる白い龍の尾。
尻尾だけでもなかなかに神々しい。

柔軟かつ丈夫で、剥ぎ取った皮は最高クラスの防具の材料として使われることもある。

肉の味は非常に美味らしいが、錬金材料としての価値も非常に高いため食用として出回ることはない。


黒竜の尾

「魔竜」とも呼ばれる黒い竜の尾。

切り取ってすぐに筋肉が硬直し、まるで鉄塊のように固くなる。
並の剣では貫けないほどに分厚く固い鱗と皮膚で加工も困難だが、うまく加工できたなら最高格の防具が出来上がる。

肉は非常に臭く、食べるのはやめておいた方がいいだろう。




ランダム素材

下のボタンを押すとランダムな素材ページに飛びます。
素材探しや暇つぶしにどうぞ!

★★★


七三ゆきのアトリエ
タイトルとURLをコピーしました