【ラッキーの道具屋】シリーズ第2弾の制作に向けて「ファンタジーなアイテム」に関するリクエストを受け付けています
イラストオブジェクト

【ラッキーの道具屋】壺 瓶 つぼ

利用規約のご確認をお願いいたします

当サイトで配布しているコンテンツをご利用される場合利用規約への同意が必要となります。
利用規約のご確認がまだの場合は、「利用規約 ガイドライン」のページよりご確認をお願いいたします。

当サイトのコンテンツをニコニ・コモンズ対応サイト(ニコニコ動画など)で使用される場合は「作品IDnc231804」の親作品登録のご協力をお願いいたします。

  • 「ラッキーの道具屋」シリーズの素材は全て背景が透過されており、画像の「高さ」「幅」が統一されており正方形のサイズになっていますので、「まとめてサイズ変更する」「統一の装飾を付けてアイコン化する」と言ったゲーム制作の際に必要になる加工がしやすくなっています。

  • 当シリーズの素材は様々な表現に対応できるように複数のカラーバリエーションを準備していますが、その中にご希望の配色が見つからなかった場合は、画像編集ソフト等で「色調変更」などの機能を利用してお好みの色に変更してご使用ください。

  • それぞれのアイテム素材には「アイテム名」「設定(フレーバーテキスト)」が付けられていますが、ご自身の作品で該当の素材を使用される際に「アイテム名」「設定」を変更して使用することができます。
    ※デフォルトのアイテム名、設定のまま使用して頂いても問題ありません。
    ※記載している名称や情報、地名などはフィクションであり、実在の人物や団体などとは一切関係ありません

  • 画像の保存は他のページに掲載している素材と同じように右クリックやドラッグ&ドロップで保存することができます。


  • 上のバナーをクリックすることでシリーズ素材の一覧ページに移動することができます。


何かを入れておくための壺。
珍しいものではない。

粘土で形を作って素焼きした後に釉を塗ったもの。

最近家の中に勝手に上がってきたうえ、家の中の壺を片っ端から割っていくっていう謎の団体がいるらしいので注意してほしい。
ほんま怖い話やわ。
大事なもんが入っとる壺はしっかり隠しとかなアカンで。


調理壺

食材を放り込んでおけば、放り込んだ材料に応じた料理を作ってくれるという魔法の壺。

旅先でも暖かい料理が食べれるという大きな利点があるが、無駄にデカくて邪魔なのが難点。道具袋に入れておけばデカさは関係ないけどな。
10回ほど使うと魔法の効果が切れて普通の壺に戻る。


調合壺

本来調合は専用の釜を使うが、これは調合初心者や旅先で調合を行う必要がある物の為に作られた壺。

片手で軽く持てるサイズで持ち運びしやすいが超初級の錬金しか行う事ができない。

回復薬くらいなら問題なく作れるので、回復薬の消耗が激しい初級冒険者はこれも持っておくといいかもしれない。


冷蔵壺

冷気を持った素材で作られた冷たい壺。

中は常時10℃以下になる為、食材の保存に重宝する。

暑い時期はこれに抱きついて納涼を楽しむこともできるという優れもの。
材料に特殊な素材を使っているので少々お高めだが、買う価値はある。


毒壺

超強力な毒液を保存するために作られた壺。
この壺に触れると毒状態になるといったことは無い。

特定の毒物を保存して置いたり採取するときに必要になる。

虫や爬虫類を使用して行う呪術の儀式に、この壺が使われるらしい。


アイアン・壺

壺の弱点とは「脆さ」にある。
その弱点を克服したのがこの「アイアン・壺」
形状は可能な限り「壺」に近いものにされており、壺独特の雰囲気を残しつつも壊れにくい丈夫なものになった。

しかし、「かなり重い」「錆が発生して不衛生」などの問題が多く発生し、製造中止になった。
でも、最近は例の壺割り団体対策として注目を浴びてきとるんや。再販の日も近いかもしれへんな。


金の壺

お金持ちの家で見かけることがある純金製の壺。

中には何も入れず、インテリアとして飾られている場合がほとんど。

盗難の被害にあうことが多い代物でもあり、最近は金の壺1つ1つに護衛を付けている持ち主も多いのだとか。
たかが壺1つにどれだけお金かけとんのや…。


人生レインツボー

オリハルコン製(嘘)、買えば買うほど(売った奴の)人生が幸せになる。

「七色の人生をあなたに」

1つ買えば少し幸せ。
2つ買えば普通に幸せ。
3つ買えば結構幸せ。
4つ買えば超幸せ。
5つ買えば極幸せ。
6つ買えば究極に幸せ。
7つ買えば世界一幸せ。

んなわけあるかいっ!




ランダム素材

下のボタンを押すとランダムな素材ページに飛びます。
素材探しや暇つぶしにどうぞ!

★★★


七三ゆきのアトリエ
タイトルとURLをコピーしました