イラストキャラクターモンスターグラフィック

機械の破壊者 デストロイ・J 透過素材 複数パターン

利用規約のご確認をお願いいたします

利用規約のご確認がまだの場合は、「利用規約 ガイドライン」のページより利用規約のご確認をお願いいたします。


透過素材

キャラクター設定

シリーズ RAGE GEARS
名前デストロイ・J
年齢
所属 Gear Rise
大きさ 推定3m以上
体重不明
特徴機械軍 幹部(推測)

基本情報
数々の悪行を繰り返してきた機械軍の幹部。
機械軍のリーダーであるマシン・ロードの意思により「機兵と人間の戦いは戦場でのみしか行わない」という暗黙の了解のようなものがあるのだが、この「デストロイ・J」こと「デストロイ・ジャンク」は暗黙の了解など守るつもりがないのか、人々の居住地への襲撃や、戦争に参加していない者への攻撃も積極的に行う。

本来機兵たちは、マシン・ロードの意思に歯向かえば、罰を受けて破壊されるらしいのだが、このデストロイ・Jの行動は罰の対象になっていないようだ。

機兵たちがこの機体を呼ぶ際に「ジャンク」と呼んでいるため、デストロイ・Jの「J」は「junk」のイニシャルである可能性が高い。
デストロイ・J本人は「ジャンク」と呼ばれることを嫌っており、自分のコード名を「デストロイ・ジャスティス」であると信じ込んでいる。
この機体のまで「ジャンク」と口にすれば怒りを買うことになるので気を付けてほしい。
いずれの場合も「デストロイ・J(ジェイ)」と呼んでいればよい。

体の修理や手下の機兵の補充以外では機械軍の拠点には戻らず、機兵工場の長である「グラブスクラッパー」以外の者からはよく思われていないらしい。
手下はコモン機の姿に似た「デストロイ部隊兵」のみで、後述するデストロイ・J自身の能力の為に犠牲にされることも多い。

人間側の兵達にも、デストロイ・Jへの復讐を目的として戦っている者も多く、敵からも味方からも憎しみの対象となっている。

戦闘能力について
巨体と怪力を活かした拳や脚による攻撃をメインに使う、分かりやすいパワータイプ。
弱点であり力の源でもある炉は剥き出しになっており、攻撃してくれと言わんばかりだが、無計画で近づくと、後述の能力で猛烈な反撃に遭う。

胸部の巨大な炉の他に、頭部の中にも炉があり、2つの炉のエネルギーで強い力を維持している。
腕の骨格には凄まじい磁力を発するコイルが使用されており、デストロイ・Jの意思で自由に磁力を放出できる。
破壊された機兵のボディを磁力で腕に貼り付けて防御の手段にしたり、破片を宙に舞わせて飛び道具のように使う。

金属製の武具を装備している兵を相手にする場合は、磁力で引き付けて急接近させて重い拳で反撃する技を使用。武具を身に着けている限り何発も連続して喰らう可能性もあり、非常に厄介。
非道な機兵であっても、その戦闘力は機械軍幹部の名に恥じないものである。

炉を攻撃しない場合は、見た目通りの高耐久で、特異な攻撃方法も相まって強敵となる。
機械軍が現れて以降、古くから存在している機兵であり、現在まで生き残っていることが、何よりも強さの証明になっているだろう。

武器について
上記の通りにコイルが内蔵された腕がデストロイ・Jの最大の武器である。
特殊な能力の詳細は上に記したが、単純に装甲が厚く、腕甲のような役割も果たしている。

並の武器では傷をつけることすらできず、この防御力を有しているからこそ、デストロイ・Jは守りを捨てたような立ち回りができるのだろう。


逸話 「不鮮明な分岐点」
このデストロイ・Jという機兵は他の機兵と比べても異端な部分が多い。
情報をまとめるために、私見でもまとめておくか…。

で、デストロイ・Jという機兵は他の機兵との相違点だが、特に「人に対して強い恨みを持っている」「マシン・ロードの意思に反抗しても許されている」という点だ。

話は変わるが、人間と機械の戦いの起源は「光子エネルギー」が見つかった頃で、人間が光子エネルギーを用いて作ったロボットが、自らの方が高い能力を持っているのに人にいいように使われることに疑問を持って反逆したのは始まりとされている。
で、その最初のロボットこそが現「マシン・ロード」であるとされているのが通説だ。

だが、俺は「デストロイ・J」こそが、最初のロボットの成れの果てなのではないのかと思っている。
デストロイ・Jは初期の頃、コモン型に似た機兵の姿をしていたとされている。また、パーツには欠損が多く、ぎこちない動きから機兵や人間からは「ジャンク」と呼ばれて罵られていたそうだ。
ジャンと呼ばれて機兵は目立った能力の高さは無く、破壊行動をすることもなく、脅威にもなりえぬために放置されて、やがてどこかで野垂れ死んだと思われていた。

人間と機械軍の戦いが過激になり始めた頃に、人間が掲げる「偽りの正義破壊する者」と名乗る「デストロイ・J」が初めて人間の前に姿を現したとされている。
「ジャンク」と「デストロイ・J」が同一の存在であるという確証はないが、何らかの繋がりは感じる。

彼の人間への執着は他の機兵とは一線を画しており、何か深い理由を感じずにはいられないのだ。

現「マシン・ロード」は人間を滅ぼすのではなく、人間と力比べをするような動きを見せているが、それは人から作られたとされる機械の方が優秀だと見せつけているのかもしれない。
既に気付いている者も多いかもしれないが、高い武力を持っているはずなのに敢えて手加減しているようにしか見えないのだ。

何もかも真実が分からない以上、単なる憶測でしかないが、ジャンクと呼ばれたロボット………このデストロイ・Jが機械軍のリーダーとなっていれば、我々人類はすでに滅んでいたかもしれない。


次にデストロイ・Jと出くわしたら、真相を聞いてみるのも面白いかもしれないな。



ランダム素材

ランダム素材

下のボタンを押すとランダムな素材ページに飛びます。
素材探しや暇つぶしにどうぞ!

★★★

七三ゆきのアトリエ
タイトルとURLをコピーしました