イラストオブジェクト

【ラッキーの道具屋】マシンハンド 機械の手

利用規約のご確認をお願いいたします

利用規約のご確認がまだの場合は、「利用規約 ガイドライン」のページより利用規約のご確認をお願いいたします。


  • 「ラッキーの道具屋」シリーズの素材は全て背景が透過されており、画像の「高さ」「幅」が統一されており正方形のサイズになっていますので、「まとめてサイズ変更する」「統一の装飾を付けてアイコン化する」と言ったゲーム制作の際に必要になる加工がしやすくなっています。

  • 当シリーズの素材は様々な表現に対応できるように複数のカラーバリエーションを準備していますが、その中にご希望の配色が見つからなかった場合は、画像編集ソフト等で「色調変更」などの機能を利用してお好みの色に変更してご使用ください。

  • それぞれのアイテム素材には「アイテム名」「設定(フレーバーテキスト)」が付けられていますが、ご自身の作品で該当の素材を使用される際に「アイテム名」「設定」を変更して使用することができます。
    ※デフォルトのアイテム名、設定のまま使用して頂いても問題ありません。
    ※記載している名称や情報、地名などはフィクションであり、実在の人物や団体などとは一切関係ありません

  • 画像の保存は他のページに掲載している素材と同じように右クリックやドラッグ&ドロップで保存することができます。


  • 上のバナーをクリックすることでシリーズ素材の一覧ページに移動することができます。


古機兵の手

遺跡などに現れる、ロボットのような姿の魔物が稀に落とすアイテム。

材質こそ珍しいものではないが、その仕組みや構造は現代の技術すら上回っている。

内部の重要な機関は精密機器の材料に使われることがあり、外装は溶かして金属として再利用される。


マシンハンド

機械型の魔物が落とす、ちょっとレアなアイテム。

これをそのまま使うことは無く、必要に応じて分解して中のパーツを取り出して使われる。

稀にこれを加工して腕甲や義手として作り替える技術者もいる。


高性能ハンド

最新鋭の警備ロボに搭載されている高性能なパーツの集合体。

その指は人間の手よりも緻密に、そして正確に動く。

分解して中のパーツを取り出して使うことになるのだが、なかなかに頑丈であるため分解には苦労する。


ヘヴィハンド

巨大な機械型の魔物の手。

細かいパーツがたくさん詰まっており、非常に重い。

内部のパーツだけでなく、外装に使用されている金属も高品質であるため、機械製作や武具政策など、様々な用途で用いられる。


アンドロイドハンド

人に似せて作られた機械型の魔物の腕。
人形型の魔物から入手できたという報告もある。

軟質でありながら、耐久性の高い外装が特徴的。
電気や熱ではなくワイヤーによって駆動する構造になっており、希少なパーツを含んでいる。


ハイエンドハンド

最高クラスのパーツと最高クラスの技術を惜しげもなくつぎ込んで作られた、最高級の義手。

装甲はオリハルコン製で、生半可な衝撃では微動だにしない。
かなり重いが電動アシスト機能も付いているのでほとんど気にならない。

一番の問題は、莫大な生産コストと維持費である。



タイトルとURLをコピーしました