【利用規約 一部変更のお知らせ】素材使用に関する一部の制限を緩和しました
イラストモンスターグラフィック

【怪異ネットワーク】晴天に雨の怪

利用規約のご確認をお願いいたします

利用規約のご確認がまだの場合は、「利用規約 ガイドライン」のページより利用規約のご確認をお願いいたします。


※このページはチャットルーム風のデザインになっています。
単なる演出なので、画像素材の保存もこのページから可能です。

<span style="color:#ffffff" class="tadv-color">さくらこ</span>
さくらこ

ようこそ、ゲストさん
素材だけが欲しい場合はひたすら下の方までスクロールしてくださいね

  • 「怪異ネットワーク」シリーズの「怪異」の素材は特殊な形式で配布しています。
    ページ最下部のテキストリンクから素材となる画像を保存することができます。

  • 当シリーズの一部のデザイン・設定にはユーザーによってはグロテスクに感じる表現を含んでいる場合があります。

  • 上のバナーをクリックすることでシリーズ素材の一覧ページに移動することができます。

  • それぞれの怪異(モンスターグラフィック)素材には「怪異名」「設定(フレーバーテキスト)」が付けられていますが、ご自身の作品で該当の素材を使用される際に「怪異名」「設定」を変更して使用することができます。
    ※デフォルトの怪異名、設定のまま使用して頂いても問題ありません。
    ※記載している名称や情報、地名などはフィクションであり、実在の人物や団体などとは一切関係ありません。

晴天に雨の怪


部屋主 わっふー

わっふーです

今日はよろしくお願いします

よろしくお願いします、わっふーさん

他の方が来るまで少しだけ待ちましょう

わかりました

漢 ホリー たろう が入室しました

よろしくお願いする!

わっふーさん、お久しぶりです

よろしく頼むよ

たろうさん、またあなたですか

わっふーさんの話が聞きたくて来たんだけど、何か問題でもあるの?管理人さん

いえ、正しい理由があるのならいいのですが

どうせ、部屋のメンバー集めるのだって一苦労してるんでしょ

前にいた人たちも来なくなっているみたいだしさ

活気付けに協力しているんだから、お手柔らかに頼むよ

わっふーさん、メンバーが集まりましたのでお話をお願いします

はい、それではみなさんよろしくお願いします

これは私たち家族が山の方に住んでいた頃のお話です

私が小学生低学年の頃は放課後や休日に祖母と祖父の畑のお手伝いをよくしてたんです

そして、夕食には採りたての野菜を家族で料理して食べるのが日課のようになっていました

都会での便利な生活もいいのですが、私も一度は自然の中でゆったりした時間を過ごしてみたいですね

野菜を食べて気ままに暮らす……か、このまま平和が続けばいいのだが

畑が舞台なら、野菜の怪異かな?

私たちが住んでいた場所では、よく通り雨が降ることがあったんです

山の近くなら通り雨が多いのは珍しくないよね

はい、でも通り雨の中でもたまに、晴天で雲はないのに雨だけは降ってくるという変わった雨もあったんです

ふむ、晴天の霹靂というやつか

いえ、霹靂というほど激しい雨ではなかったですよ

空は晴れているのに雨が滾々と降る、少し不思議な感じがしました

晴れているのに雨が降る……それも山の近くならではの天候なのでしょうか

晴れの具合によるだろうね

全く雲がないのに雨が降るのは異常だと思うけどね

全く雲がない、ですか

確かにそのようなこともあったかもしれません

でも、その時は空なんて見ている余裕はなかったですね

空を見る余裕も無かったという事か?

はい、晴天の空に雨が降り始めると、私たち子どもだけでなく大人もすぐに家に帰らなければならないという規則がありましたから

一風変わった規則ですね

どこかで雨宿りしたり、傘を使うこともできなかったのですか?

普通の雨なら雨宿りしたり傘を使うんですけどね

ということは、晴天の雨になにかあるんだね

よし、怪異の正体を当ててやろう!

晴天の雨は実は怪異の涎で、家の中に避難しないと怪異に喰われるからそのような規則ができた……そうだろう!

うーん、人を食べる怪異の話は聞いたことないですね

でも、晴天の雨が怪異に関係しているのはあってます

私たちが家に帰らなければならなかったのは、晴天に雨が降っている間は「あの方」たちがその辺りを通るからなのです

「あの方」?

雨の中、いったい誰が現れるというのだ

その方とは白無垢を着た狐さんです

白無垢と言ったら日本の結婚式で花嫁衣装として着られるのが有名ですね

狐が花嫁衣装を?

晴天の雨はその狐さんがその辺りに現れるという合図

だから私たちは家に帰らないとだめだったんです

晴天の雨が狐が現れる合図なのはわかったが、どうして君たちは家に帰る必要があるんだい

その狐は君たちを襲うのかい?

いえ、狐さんは私たちを襲うようなことはしません

ならなぜだ、理由もなく狐を怖がる必要はないだろう

私たちは別に狐さんを怖がっている訳ではありません

では、どうして晴天に雨が降ると家に帰らなければならないのですか?

理由は簡単です

気になるな……

お呼ばれしていない結婚式に混じったり、まじまじ見たりするのって失礼じゃないですか

それだけの理由です

なんというか……常識的な理由なのですね

結婚式?白無垢を着た狐が誰かと結婚するのか?

そうです、晴天の雨は狐さんが結婚式を挙げる合図なのです

だから私たちは式が始まる前にあたる、雨の降り始めるころに姿を消さないといけないんです

狐が結婚式を挙げるから人間は姿を消さねばならない、それは分かったのだが晴天の雨の度に狐たちの内の誰かが結婚しているという事か?
晴天の雨が降るのは一度や二度じゃない訳だろう?

晴天の雨はもう数えきれないくらい降ってましたね

それこそ、ひと月に5回くらいは

ずいぶんと人騒がせな狐たちだね

式の頻度も気にはなっていましたけど、私としては白無垢を着た狐さんの姿がきになります

犬用の服みたいに特別仕様の白無垢だったりするのですか?

私は実際に見たことがないから分かりませんけど、昔狐さんの結婚式に呼ばれたことがある祖母の話によると、人間のと同じ白無垢を着ていたらしいですよ

おいおい、狐が人間サイズの白無垢を着れるわけがないだろう

そうですか?祖母の話だと、むしろ人間サイズの白無垢は小さすぎるくらいだったと聞いていますが

俺は動物には詳しくないが、狐は大きくても70cmほどの大きさではないのか?

森の狐はそうですよね、でも「狐さん」ですから

狐さんは人間の服を着られるほどに、体が大きいのですか?

どうやら僕は勘違いをしていたらしいな……

「狐さん」と呼ばれる怪異という訳か

狐さんという名前も「狐のお嫁さん」の略らしいです

その地域にかなり古い時代からいるみたいで、すっかり馴染んじゃっているみたいですよ

その狐さんという怪異は人間に攻撃してきたりはしないのか?

攻撃なんてとんでもない、むしろ近辺の畑に豊作をもたらしてくれているらしいですね

それはもはや怪異ではなく神様なのでは?

気になったんだが、その狐さんはなぜ何度も結婚式を挙げているんだ

雄狐から相当モテモテなのかい?

聞いた話では狐さんはお一人らしいですよ

未だかつて釣り合う相手がいなかったとか

ならばなぜ結婚式を!?

何故でしょうね

でも、わざわざ人間が斬るはずの白無垢を着ているのなら、人間の中に好きな人がいるのかもしれませんね

結婚式は相手を見つけたときの予行練習とか

正直なところ、わっふーさんの祖母の作り話の可能性が高いけど、まあそれなりに楽しめる話だったよ

これ以上質問がないようでしたら、この話はおしまいです

わっふーさん、貴重なお話、ありがとうございました

この部屋は閉じられました

画像の表示は「★」をクリック

狐の嫁入り

狐の姿をした怪異。
だが、怪異ではなく妖魔や神とされることもある。

雲一つない空から雨が降る怪奇な現象が稀に見られるが、その際にこの怪異が姿を現すことがあるという。
しかし、その怪異の出現区域は限られており、歴史のある場所や山の中の村などの昔から地形や風習が変わっていない場所が多い。
地域によって扱いや呼び名も異なり神の一種として崇拝する場所もあれば、妖魔の生き残りとして忌み嫌われることもある。

地域によって様々な理由で「その姿を見てはいけない」とされており、その姿を見てしまうと祟られたり命を奪われるという話もある。
未だその姿を見た者は名乗り出てこないため、真相は定かではない。
そもそも、この怪異自体が存在しない可能性もあり得る。

先述の雲一つない空から雨が降る現象そのものも「狐の嫁入り」と呼ばれることがあるが、件の現象をこのような呼び方をするようになったのが先かこの怪異の存在が先なのかは謎。

人が砂場を歩けば砂埃が舞い、野原を歩けば草が揺れる、それと同じようにこの怪異が現れる場所には雨が降る、それだけの話なのかもしれない。



ランダム素材

ランダム素材

下のボタンを押すとランダムな素材ページに飛びます。
素材探しや暇つぶしにどうぞ!

★★★

七三ゆきのアトリエ
Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

広告がブロックされていることにより、表示を制限しています

ブラウザの拡張機能、またはプラグイン等で広告がブロックされている可能性があります

 

該当の拡張機能、またはプラグインを解除し「更新」を行ってください

タイトルとURLをコピーしました