【解説】レイヤーデータを使ってオリジナルの表情差分を作る方法

こちらの記事では当サイトで配布している「PSD形式のレイヤーファイル」を用いてオリジナルの表情差分を作る方法を解説します。

  

使用ソフト

まず前提として「PSD形式」のファイルを開くためのソフトが必要となります。
以下に私が知る限りの編集可能なソフトを記載していますので、皆様の使いやすいソフトを選んでください。

  1. Photoshop(有料)
    画像編集ソフトと言えばこれです。
    今回の編集を目的とした場合オーバースペック&少々お高いので表情差分を作りたいために新規購入するというのはあまりお勧めしません。

Adobe Photoshop|12か月版|Windows/Mac/iPad対応|オンラインコード版
  1. GIMP(無料)
    Photoshop級の編集が可能なフリーソフトです。
    若干操作に癖がありますが今回の用途であれば問題ないかと思います。
GIMP
GIMP - The GNU Image Manipulation Program: The Free and Open Source Image Editor

  1. FireAlpaca(無料)
    フリーのペイントソフト
    です。
    PSDファイルの編集が可能。
    ペイント向けのソフトですので加筆にも向いています。
フリー ペイントツール(Mac/Windows 両対応)FireAlpaca[ファイア アルパカ]
Mac、Windows両対応のフリー ペイントツール FireAlpaca。奇麗な線がひけるペン、アナログ感を出せる水彩ブラシなど機能が満載! シンプルな操作性、さらに無料だから誰でも手軽にイラスト・お絵描きを始めることができます!

  1. CLIP STUDIO PAINT(有料※比較的安価)
    ペイントソフトとして有名なソフトです。
    有料とはなりますが、軽くてPhotoshopにも劣らない編集機能があるのが魅力です。
    ペイントに特化しているソフトでもあるので加筆の際もすらすらと描けます。
    (そもそも立ち絵自体CLIP STUDIO PAINTで制作していますのでその使いやすさは折り紙付きです)

解説

それでは本題の解説です。
画像が小さくて見えにくい場合は画像はクリックすると拡大表示されます。

1.キャンバスを開く

まずはお使いのソフトを開いてください。
今回は「CLIP STUDIO PAINT PRO」を使用して編集していきます。

PSDファイルの保存がまだの方はこちらのページでお好きなキャラのデータを保存してから以下に進んでください。

2.PSDファイルを読み込む

次に当サイトで配布しているPSDファイルを読み込みます。

すると、読み込んだファイルに対応したキャラクターのイメージが表示されますね。

ソフトによって表示は変わるかもしれませんが、この画像の部分が「レイヤー」です。

「表情エフェクト」「眉」「目」「口」「ベース」と名前の付けられたフォルダが確認できます。

このレイヤーフォルダについて一つずつ紹介していきます。

※キャラクターによっては今回の「眼鏡」のように特殊なパーツが存在する場合がございます。

3.「ベース」レイヤーについて

「ベース」はいわゆる目や口などのパーツの「土台」となる部分です。

もっとわかりやすく言うと、顔パーツを除いた全身の事を指しています。

まずは画像のように「ベース」のレイヤーを非表示にして確認してみましょう。

クリスタの場合は「👁(目)」のマークをクリックすることでレイヤーの非表示を切り替えることができます。

ベースレイヤーを非表示にしたものがこちらです。

顔パーツが宙に浮いているというなかなかインパクトのある状態です。

ベースレイヤーと顔パーツのレイヤーが別々になっているということが分かればOKなので、確認した後はベースレイヤーを表示させておきましょう。

4.「目」レイヤーについて

続いて「目」レイヤーの表示を確認してみましょう。

こちらも「👁」マークをクリックすることで表示非表示を切り替えることができます。

「目」レイヤーを非表示にしてみましょう。

キャラクターの目が表示されていない状態になりましたね。

注目していただきたいのが、目は非表示になっても「眉」や「口」が表示されているということです。

後に解説しますが、それぞれのレイヤーが分かれていることでそれぞれのパーツを切り替えてオリジナルの差分を作ることができるのです。

5.アクセサリー等のを表示/非表示を切り替える

今回のキャラクターには、他のキャラクターにはないレイヤー「眼鏡」が存在します。

私は立ち絵を制作する際に可能な限り、アクセサリーのオンオフを切り替えることができるようにしています。

眼鏡は目より手前の部分にあるということでこのレイヤーの位置になっていますが、キャラクターの背中から生えている「翼」などのアクセサリーであれば「ベース」レイヤーの下にこのような特殊パーツのレイヤーがある場合もあります。



それでは「眼鏡」レイヤーを非表示にして確認してみましょう。

目や眉は消えることが無く、眼鏡だけが非表示になりましたね。

6.「表情エフェクト」レイヤーについて

レイヤーウィンドウの最上部にある「表情エフェクト」と書かれている部分の「>」をクリックしてレイヤーフォルダを展開してみましょう。


展開すると様々な名前のレイヤーが非表示の状態で収められていたことが分かります。


お好きなエフェクトを表示させてみましょう。

レイヤー「びっくり」を表示させるとキャラクターの頭の部分に名前に対応したエフェクトが表示されました。

他のエフェクトも表示させてみましょう。

「もやもやマーク」を表示させてみました。
お気づきの方もいるかもしれませんが、複数のエフェクトを同時に表示させることができます。

基本的に1つのレイヤーフォルダにつき1つのレイヤーを表示させるのがおすすめです。

データによってはデフォルトで表情エフェクトが組み込まれていない場合があったり、種類が違ったり、キャラクター固有のものがあったりします。
デフォルトのエフェクトに関しては下記のページから素材を保存することもできます。

7.「顔パーツ」レイヤーフォルダの展開について

「表情エフェクト」レイヤーフォルダと同じく「眉」「目」「口」のレイヤーフォルダには各部位の複数のパーツが格納されてます。

画像は眉パーツのレイヤーを全て表示させたものです。

前述しましたが、レイヤーフォルダ1つにつき1つのレイヤー(パーツ)を表示させることをお勧めします。

レイヤー名の左に「*」がついているレイヤーは「このフォルダ内でレイヤーはいずれか一つしか表示させてはいけない」ということを表しています。

複数表示させたからといってデータがクラッシュすることなどはありませんが、キャラクターに眉が複数あったり口が重なって表示されているのはあまり見ていて気持ちのいいものではありません。

「目」のレイヤーフォルダ内も確認していきましょう。

デフォルトでは「通常」のレイヤーのみが表示された状態になっています。

ここでは「通常」を非表示にして「笑顔」を表示させてみます。

すると、キャラクターの目が笑っているようになりました。

これにより、顔パーツをご自身の手で加筆することで新たな表情差分を作ることも可能です

ここまでこればお気づきかもしれませんが、「口」のパーツも複数ご用意していますので、レイヤーを切り替えることで表情を演出可能です。

口が開きました。
(ついでに眼鏡も外してみました)

勘のいい方なら既にお気づきかもしれませんが、上記の「表情エフェクト」「眉」「目」「口」のレイヤーをそれぞれ切り替えることで当サイトの配布ページなどでは配布していない表情の差分をご自身の手で作ることができます。

画力や高度な編集テクニックを必要とせずに自分だけの差分を作れるのがこの「レイヤーデータ」素材の最大の利点です。

次の項目からは実際にオリジナルの差分を作る手順をご紹介します。

8.オリジナルの表情差分を作る

まずは、各フォルダのレイヤーを「通常」に切り替えてデフォルトの状態に戻しておきましょう。

今回はこのキャラクターのデフォルトの立ち絵では準備していない「がっかり」したような表情差分を作っていきます。


「がっがり」にちょうど良い「がっかりマーク」のエフェクトを表示させましょう。

がっがりエフェクトが表示されました。
でも、エフェクトだけだと「がっかり感」が足りないように感じますね。

次に眉を下がっているものに切り替えます。
画像のように本来は「下がり」というレイヤー名にしなければならないところを私のミスで「通常」だったり「レイヤー○○」という名前になってしまっている場合があります。

この場合でも表示には問題ありませんので、使いやすい名前に変更して使用していただければと思います。

眉毛が下がってがっかりしている感が一気に増しましたね。

次は「目」のパーツを切り替えます。
閉じているパーツに切り替えてみましょう。

これでがっかりしている表情ができました。
今回は口はそのままで完成とします。

お好みの表情が出来上がったら動画内などでも立ち絵を使用するために画像データとして書き出しておきましょう。

透過素材として保存する際は「PNG」形式で保存してください。

画像形式についてはこちらの動画でも解説していますのでご興味のある方はご覧ください。

【拡張子】JPEGとPNGの違いとは?【基礎から!創作講座 #1】

9.キャラクターをさらに自分流にカスタマイズする

次はキャラクターにアクセサリーなどのアイテムを追加する方法です。

一旦デフォルトの状態に戻しておきましょう

「ファイル」メニューから「読み込み」…「画像」をクリックしましょう。

「ファイル」メニュー内の「開く」を選んでしまうと、新規のキャンバスで画像を開いてしまうので間違わないようにしましょう。

Photoshopなどの他の編集ソフトであれば、ドラッグ&ドロップで画像を読み込むこともできます。

当サイトで配布している「リボン」の素材を読み込みました。同様の素材は下のページからダウンロードすることができます。

読み込んだ画像をキャラクターに合ったサイズに縮小します。

お好みの位置にアクセサリーを設置しましょう。

アクセサリーを馴染ませるために影を付けました。
この工程は飛ばしていただいても問題ありません。

これでアクセサリーの追加は完了です。

以下の動画内でこのテクニックの詳細を紹介しています。

【解説】画像編集の技術やテクニックを編集画面と共に解説【初心者向け】

次は「目」レイヤーに手を加えて新たな「目」パーツを作ります。

「目」フォルダ内の「通常」を複製し、片方の目を消しゴムなどで消します。

既存のパーツを編集する際は必ず「複製」か新たにレイヤーを作成してから行ってください。

デフォルトのレイヤーを書き換えたり削除してしまうと、元のパーツを入手するには再度立ち絵データをダウンロードしていただくことになります。

画像の「通常2」というレイヤーが複製されたものです。

キャンバス内にウインクした目の素材を読み込みました。

この素材も以下のページから保存することができます。

この素材を縮小し、キャラクターの目の部分に配置します。

口を開いたパーツに変更し、表情エフェクトフォルダ内のエフェクトを表示させました。

これにて立ち絵のカスタマイズ方法の解説は終わりです。

このようにレイヤーデータがあればオリジナルの表情もレイヤーの切り替えや画像の読み込みなどの基礎的な操作だけで作ることができます。

このレイヤーデータの配布が皆さんの創作のお手伝いができればよいと思っています。

ペイントソフト CLIP STUDIO PAINT 無料体験版のダウンロード

タイトルとURLをコピーしました